【体操】伸膝前転、開脚前転、側転、後転のコツ presented by畠田好章

畠田好章 Yoshiaki Hatakeda

講師 スポーツ魂テンツ
【体操】伸膝前転、開脚前転、側転、後転のコツ presented by畠田好章

コースの料金

Course Price

1,320円 (税込)
受講する
  • 30日間返金保証
  • 受講期間制限なし

キーワード

Keyword

こんな方向け

Target

  • 体操競技に興味がある方
  • 伸膝前転、開脚前転、側転、後転のコツを学びたい方
  • 苦手を克服したい方

コースの概要

Course Summary

【アスリートプロフィール】体操

畠田好章 Yoshiaki Hatakeda

バルセロナ五輪銅メダルアトランタ五輪出場

1972年5月12日生まれ徳島県出身/元体操競技日本代表鳴門高~日本体育大学~日本体育大学大学院現・日本体育大学女子短期大学部体育科准教授高校時代、インターハイの個人総合で89年、90年と2連覇を果たす。全日本選手権では、93年、95年に個人総合優勝。92年バルセロナ五輪の体操競技団体で銅メダルを獲得。95年世界体操選手権で個人総合6位入賞、種目別あん馬2位、鉄棒2位。96年アトランタ五輪個人総合15位。種目別あん馬5位

 

【動画紹介】

「伸膝前転、開脚前転、側転、後転のコツ」 

体操競技のバルセロナ五輪銅メダリスト・畠田さんが、伸膝前転、開脚前転、側転、後転のコツを教えてくれます。

それぞれ、どのタイミングで、どう手や脚を使えばよいのかをわかりやすく解説してくれます。

また、側転ができるようになる段階的な練習方法や、後転がうまくできるようになる感覚のつかみ方など、苦手を克服するためのヒントがいっぱいです。

畠田さんのコツを学んで、少しずつ上達しましょう。

また、補助の仕方も教えてくれますので、指導される方も参考にしてください。

①伸膝前転のコツ

②開脚前転のコツ

③側転のコツ

④側転のコツ(側転が全くできない人のための練習方法)

⑤後転のコツ

⑥後転のコツ(後ろに押す感覚をつかむ)

⑦後転のコツ(後転の補助の仕方)

 

コースの内容

Course Curriculum

Chapter 1伸膝前転、開脚前転、側転、後転のコツ

Lesson 1
伸膝前転、開脚前転、側転、後転のコツ
00:09:58
全1レッスン 1本の動画(約00:09:58)

コースの評価

Course Review

5名 が受講中
  • マネビ
  • an6
  • y.iizuka
  • kunishige1223
  • もり

先生について

About Teacher

スポーツ魂テンツ

~スポーツに取り組むすべての人に「魂」を伝えたい~

あと一歩が伸び悩む、すべてのスポーツパーソンにアスリート秘伝の「コツ」をギュッと詰め込んだ、珠玉の動画コンテンツ。

僕は普段、様々な種目のトップアスリートと接しています。その中で考えるのは、何故スポーツが得意な人と苦手な人とがいるのかということです。

 特別な人なんてそんなにいません。しかし得意な人はコツを上手く掴んでいるんだということです。苦手な人でもチョッとした体の使い方、動かし方のコツを掴めば上達していけるはずです。

そこで僕は今回、プロフェッショナルの奥義という形で、トップアスリートがいかに体を使いこなしているかのコツを動画でご紹介をしていきたいと考えました。僕は体育やスポーツに取り組む皆さんに上達することの楽しさを感じてもらいたいと思います。それはとても充実した時間になるからです。

ただ言われたからやる。ただ言われた通りにやる。頭を使わずに単に体を動かしていればいい。これでは単なる肉体を酷使して終わりですよね。

やはり上手くなるためには、自分の頭をしっかり使って、体の感性にしっかりと耳を澄ませて対話をして、体の構造や仕組みを学んで、アイデアや発想を豊かに持ちながら、工夫しながら日々のスポーツに取り組んでいくことが大切です。

 今回の動画に登場して頂いている選手やコーチの皆さんは、単にそれぞれの競技で輝かしい実績を残されているだけでなく、しっかりとした独自の理論や理屈を構築されてきた皆さんです。

代表 高畑好秀

まずは無料会員登録!
manebi会員になると、
レッスン動画を無料で
視聴できます!

manebiは「先生にも生徒にもなれる學びの場」
まずは、会員登録して無料のコースを視聴してみよう!